Sunday, April 4, 2010

Darvish Gallery ダルビッシュ ギャラリー

On March 31, I paid a visit to the Hyatt Regency Osaka Hotel to meet up with Farsad Darvish, owner of the Darvish Gallery.  Farsad, who is a long-time Osaka resident, was born and raised in Iran and went to high school and university in the U.S. before settling here in Osaka.

After establishing the Darvish Gallery in Ashiya, the "Beverly Hills of Japan", Farsad decided to move the high-end Persian art and handicraft store to the basement floor of the Hyatt Regency Osaka. Although Persia is known for its luxury carpets, Farsad is focused on spreading the word about other valuable items such as Persian glass in his pursuit to educate the Japanese population and create more of a cultural bond between his homeland and Japan.  During our meeting, Farsad and I discussed about potential collaborative opportunities to promote his gallery.

Some of you may be familar with Farsad's son, Yu Darvish, who is the ace pitcher for the Hokkaido Nippon Ham Fighters of the Japanese professional baseball league, and was a part of the 2008 Beijing Olympic and 2009 World Baseball Classic teams.


331日に、Darvish Gallery(ダルビッシュ ギャラリー)のオーナーである、Farsad Darvish氏と合流するべくハイアット リージェンシー大阪を訪問しました。長期間、大阪の居住者であるFarsad氏は、生まれも育ちもイランであり、大阪に落ち着く前にアメリカの高校と大学を卒業しました。

芦屋Darvish Galleryを設立した後、Farsad氏は高品質のペルシア美術とペルシャの工芸品の店をハイアット リージェンシー大阪の地階に移転する決断をしました。ペルシアは豪華な絨毯で知られていますが、Farsad氏は日本人教育と、母国と日本間のさらなる文化的結びつきを追求するなかで、ペルシャガラスのようなほかの価値ある商品名を広げることに焦点をあてています。会合中、Farsad氏と私は、Farsad氏のギャラリーを促進するこれからの潜在的な共同制作の機会について話し合った。

Farsad氏の息子さんをご存知のかたもいるでしょう。そう、彼の息子さんは日本のプロ野球界の北海道日本ハム2009年ワールドベースボールクラシックチームのエース、ダルビッシュ有さんです。

1 comment:

  1. so you are a dalvish's mate now?

    ReplyDelete